ブースターケーブル+タップライトセット


商品画像大

↑クリックで左枠に表示されます


商品の説明

バッテリーあがりで、身動きが取れなくなる前にブースターケーブルで一発始動!軽自動車〜RV車 まで余裕の 容 量120A(アンペア)!小型車なら縦列駐車でも作業できる余裕の5メートル!専用ケース付きで持 ち運びも 便利!【保管方法】○車のトランクや、室内など、湿気の無い涼しい場所で保管してください。○直射 日光が 当 た る場所、高温になる場所、雨水がかかる場所での保管はしないで下さい。
【注意事項】○使用する車のバッテリーサイズに合ったブースターケーブルを必ず使用してください。 (容量 が 小さいケーブルを使用すると、エンジンがかからなかったり、発熱・発煙等の事故の原因となり危険 です)特 に ディーゼル車やLPG車・寒冷地仕様車等はバッテリー容量が大きいものが多いので、ご注意下さ い。○風通しの 良 い屋外で12ボルト車同士を正しい接続方法でご使用ください。

品名 ブースターケーブル+タップライトセット
品番 BC-1205-TL01、コード:
ブースターケーブル:赤&黒/タップライト:黒
適合車種軽自動車〜RV車まで余裕の容量120A(アンペア)
サイズ5Mケーブル
特徴一発始動ですぐレスキュー!ライトで暗いところの作業もOK!
メーカーK&M Co
備考 【接続方法】2台の車共、キーはOFFの位置にしておいて下さい。1.故障車のバッテリーのプラス端 子にブースターケーブルの赤コードのクリップを繋ぎます。2.救援車のバッテリーのプラス端子に1 で繋いだ 赤コードの逆側のクリップを繋ぎます。3.救援車のバッテリーのマイナス端子に黒コードの逆側の クリップを 繋ぎます。4.故障車のエンジンブロックに繋げない場合は、十分に注意をしながら故障車のバッテ リーのマイ ナス端子にクリップを繋いで下さい。【始動方法】1.接続した全てのクリップが確実に固定されている 事を再 確認します。2.バッテリー近辺に人がいないことを確認して、救援車のエンジンを始動します。その 時、ギア をオートマチック車はパーキングに、マニュアル車はニュートラルにしてサイドブレーキをかけて下さ い。3. 救援車のエンジン回転数を少し高めにして、故障車のエンジンキーを2〜3秒間回します。3秒程度 でエンジン が始動しない場合は、一度故障車のエンジンキーをOFFにして、7秒間以上間隔をあけてから、再度 故障車のエ ンジンキーを2〜3秒間回してください。※この作業を10回行ってもエンジンが始動しない場合は、ブ ース ターケーブルを繋いだまま、救援車だけエンジンを10分程度かけて、救援車のバッテリーの補充電 を行ってか ら、再度故障車のエンジンキーを回してください。それでも始動しない場合は、ブースターケーブル の使用をや め、容量 の大きなブースターケーブルを使用するか、他に故障原因が無いかを確認してください。【取り外し】 無事にエンジンが始動したら、ブースターケーブルを接続した逆の順序で外します。故障車はすぐに エンジンを 停止せずに、ブースターケーブルを外した後もしばらくエンジンをかけて、バッテリーの充電を行って 下さい。

このページを印刷